会社情報

COMPANY

ホーム 会社情報

代表挨拶

大洋興産は1957年設立以来、お客様 仕入先様をはじめとするステークホルダー各位との信頼関係をベースに、「顧客第一主義」をモットーとしたプラスチック専門商社として業界及び社会の発展のために努力してまいりました。

世界は今パンデミックも相まって激動の転換期を迎え、あらゆる局面で急激な変革を生じ、新たな創造が求められています。そして商社である弊社も過渡期に直面し、その機能や役割が変貌を遂げようとしています。

弊社を取り巻く環境の変化と時代の流れを先取りし、長年培ってきた情報力でお客様のご要望にスピーディーにお応えし、弊社の経営理念でもあります「愛され、信頼され、そして何かを期待される魅力ある会社にすること」を信条として、ニーズに応えるユニークな会社として皆様と共にオリジナルビジネスを生み出してまいります。

令和3年3月16日
取締役社長 佐藤 耕平

会社情報

社名
大洋興産株式会社
本社

〒541-0054
大阪市中央区南本町2丁目1番3号 セントピア堺筋本町ビル3F
TEL:06-6271-1358(代)
FAX:06-6264-1016

東京支店

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-7-11 神田セントラルアベニュービル6F
TEL:03-5207-4455(代)
FAX:03-3526-3588

創業
昭和32年1月28日
資本金
9,000万円
業種
化学工業薬品並びに各種合成樹脂原料の売買
各種合成樹脂成型品の製造、販売
輸出入薬品の売買及び代理店
上記に関する付帯事業
決算期
12月(年1回)
従業員
40名
取締役
取締役社長 佐藤 耕平
常務取締役 佐藤 良明
常務取締役 姫田 敏晴
取締役 坂本 隆文
取締役 秋津川 邦弘
監査役 花田 隆志
監査役 佐藤 道子
取引銀行
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、池田泉州銀行、商工組合中央金庫、京都銀行
関連会社
大洋興産貿易(上海)有限公司 TAIYO KOSAN TRADING (Shanghai) Co.,Ltd.
〒200040 上海市静安区万航渡路83号 金航大厦1504室
Room No.1504,Jinhangdasha83 Wanhangdu Road, Shanghai 200040
TEL:+86(021)-6372-3300 FAX:+86(021)-6359-1050
詳しくはこちらをご覧ください。

深圳分公司 SHENZHEN BRANCH.
〒518131 广东省深圳市龙华区民治街道创业花园188栋向荣商务大厦1308室
Room 1308, Xiangrong building, 188 Chuangye garden, Minzhi street, Longhua District, Shenzhen 518131, China.
TEL/FAX:+86(0755)-2227-7210

大洋興産香港有限公司 TAIYO KOSAN HONG KONG LIMITED
香港湾仔区港湾道30号新鴻基中心3F301室
FLAT/RM301 3/F, SUN HUNG KAI CENTRE 30, HABOUR ROAD, WAN CHAI, HONG KONG
TEL:+86(0755)-2227-7210  FAX:+86(0755)-2227-7483

八興化成株式会社
〒541-0054
大阪市中央区南本町2丁目1番3号 セントピア堺筋本町ビル3F
TEL:06(6271)1358(代)
FAX:06(6264)1016
財務情報

※横スクロールでご覧ください。

最近5カ年の事業成績 (千円)
61期
(平成29年)
62期
(平成30年)
63期
(令和元年)
64期
(令和2年)
65期
(令和3年)
売上高 11,342,477 11,370,762 10,858,426 9,550,680 10,794,030
営業利益 113,558 112,180 79,304 86,816 131,618
経常利益 115,845 112,180 87,081 98,085 138,173
当期利益 54,502 55,008 46,993 51,488 68,132
国内主要取引先
  • アーキヤマデ株式会社
  • アイカ工業株式会社
  • アキレス株式会社
  • 旭化成アドバンス株式会社
  • 旭化学合成株式会社
  • アスカカンパニー株式会社
  • アモロス株式会社
  • 飯田化成株式会社
  • 伊藤忠商事株式会社
  • 株式会社イトーキ
  • Westlake Akishima株式会社
  • 大田化成株式会社
  • オカモト株式会社
  • オムロン株式会社
  • 金井重要工業株式会社
  • 関西化学工業株式会社
  • カンボウプラス株式会社
  • 錦城護謨株式会社
  • 株式会社クボタケミックス
  • 株式会社KSサプライ
  • ケイミュー株式会社
  • 京葉ポリエチレン株式会社
  • コダマ樹脂工業株式会社
  • 三相電機株式会社
  • JNC株式会社
  • 株式会社ジェイ・プラス
  • 純正化学株式会社
  • 昭和化成工業株式会社
  • 昭和電工株式会社
  • 信越アステック株式会社
  • 信越化学工業株式会社
  • 新第一塩ビ株式会社
  • 新日本理化株式会社
  • 株式会社新菱
  • スカイフィルム株式会社
  • 住化加工紙株式会社
  • 住化カラー株式会社
  • 住友化学株式会社
  • 株式会社精研
  • 積水化成品工業株式会社
  • 積水ホームテクノ株式会社
  • 株式会社大誠樹脂
  • ダイニック株式会社
  • 株式会社台和
  • DIC株式会社
  • テクノUMG株式会社
  • 株式会社寺岡製作所
  • 寺崎電気産業株式会社
  • 東レ株式会社
  • 東ソー・ニッケミ株式会社
  • 涛和化学株式会社
  • ドーモケミカルス ジャパン株式会社
  • 日本ポリマー産業株式会社
  • 日本プラスチック工業株式会社
  • 日本精鉱株式会社
  • 日本プラス工業株式会社
  • 日本マタイ株式会社
  • パナソニック株式会社
    くらしアプライアンス社
  • パナソニック インダストリー株式会社
  • パナソニックSPT株式会社
  • パナソニック株式会社
    エレクトリックワークス社
  • パナソニック
    住宅設備株式会社
  • パナソニック
    ハウジングソリューション株式会社
  • バンドー化学株式会社
  • 東山フィルム株式会社
  • 株式会社ヒューテック
  • 広島化成株式会社
  • ファナック株式会社
  • 別所電線株式会社
  • 堀井薬品工業株式会社
  • 松村アクア株式会社
  • 三菱エンジニアリング
    プラスチックス株式会社
  • 三菱鉛筆株式会社
  • 三菱ケミカル株式会社
  • 三菱製紙株式会社
  • 明光化成株式会社
  • 株式会社耶馬渓製作所
  • ユニチカ株式会社
  • ヨツギ株式会社
  • 理研ビタミン株式会社
  • 株式会社ロンビック
  • 株式会社ワンワールド
主要取引先
(海外・順不同)
  • Panasonic Manufacturing
    Ayuthaya Co.,Ltd
  • PT. Panasonic Gobel Life Solutions
    Manufacturing Indonesia
  • PT. Teraoka Seisakusho Indonesia
  • 八海精密成型(苏州)有限公司
  • 宝理塑料贸易(上海)有限公司
  • 常州乔尔塑料有限公司
  • 東麗塑料(中国)有限公司
  • 恩希爱(杭州)薄膜有限公司
  • 福建省闽清富榕电器有限公司
  • 杭州鸿世电器股份有限公司
  • 湖北祥源新材科技股份有限公司
  • 克模塑胶上海有限公司
  • 溧阳市乔森塑料有限公司
  • 琳得科(苏州)科技有限公司
  • 欧姆龙电子部件(深圳)有限公司
  • 欧姆龙控制电器有限公司
  • 三井化学株式会社
  • 上海大赛璐塑料工业有限公司
  • 上海角一高分子制品有限公司
  • 上海三菱工程塑料有限公司
  • 上海三相电机有限公司
  • 上海肖瓦高分子商贸有限公司
  • 上海亚虹模具股份有限公司
  • 上海卓佑实业有限公司
  • 松下半导体元器件(苏州)有限公司
  • 松下电气机器(北京)有限公司
  • 松下万宝美健生活电器(广州)有限公司
  • 松下信息仪器(上海)有限公司
  • 松下住宅电器(上海)有限公司
  • 苏州新华美塑料有限公司
  • 台州市贝菱特科技有限公司
  • 陶氏化学(上海)有限公司
  • 沃凯化成工业(上海)有限公司
  • 镇江冈山电子有限公司
  • 株式会社原町サイン
  • 住化电子管理(上海)有限公司
沿革
・1957年1月(昭和32年1月)
:大洋興産株式会社設立 資本金:40万円
・1960年12月(昭和35年12月)
:東京支店を開設
・1961年3月(昭和36年3月)
:資本金 600万円に増資
・1963年12月(昭和38年8月)
:資本金 1,000万円に増資
・1974年3月(昭和49年3月)
:資本金 2,500万円に増資
・1989年6月(平成元年6月)
:資本金 3,500万円に増資
・1990年3月(平成2年3月)
:資本金 8,750万円に増資
・2004年12月(平成16年12月)
:大洋興産貿易(上海)有限公司を設立
・2008年7月(平成20年7月)
:大洋興産香港有限公司を設立
・2009年7月(平成21年7月)
:大洋興産貿易(上海)有限公司深圳分公司を開設
・2016年8月(平成28年8月)
:資本金 9,000万円に増資
組織図
環境への取組み

2002年12月、全社(大阪本社・東京支店)にて『ISO14001』認証取得致しました。大洋興産株式会社は、化学工業薬品並びに各種合成樹脂原料及び加工製品を取扱う商社として、国際規格”ISO14001”に基づく環境マネジメントシステム(Environmental Management System-EMS-)の運用を推進し、環境と調和する経営システムの継続的な改善を図ります。 

・環境方針

大洋興産株式会社は、化学工業薬品並びに各種合成樹脂原料及び加工製品を取扱う商社として、地球環境の保全が人類共通の重要課題であることを認識し、環境に配慮した商品をお客様に提案し、拡販することによって、地球環境の継続的な改善及び汚染の予防に配慮して行動します。

・行動方針

当社は、以下に基づき、環境マネジメントシステムの継続的な改善及び汚染の予防を推進し、環境保護に取り組みます。その為に、社員一人一人が環境課題を自覚し、お客様の信頼を得て、社会に貢献できる体質づくりを目指します。

  1. 当社の事業活動、製品又はサービスによる環境への影響を評価し、重要な項目については、技術的かつ経済的に可能な範囲で、目標を定め、これを実施し、その結果の見直しを行って、環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的な改善を図る。
  2. 事業活動全般にわたって環境関連の法規制及び当社が同意するその他要求事項を順守する。
  3. 当社が行う事業活動を通じて、環境に配慮した化学製品の販売に積極的に取り組む。
  4. 全社員に対し、環境に関する意識向上を図る。
  5. 環境方針は、全社員に周知させ、社外にも公開する。
    (1)適用事業

    化学工業薬品並びに各種合成樹脂原料の売買及び上記に関する設備販売

    (2)適用組織

    図-1 大洋興産株式会社 環境マネジメントシステム組織図で示す組織

    (3)適用事業所

    【事業所名及び住所】
    本社:大阪府大阪市中央区南本町2-1-3
    東京支店:東京都千代田区鍛冶町1-7-11

平成29年8月1日
取締役社長 佐藤 耕平

会社案内ダウンロード