製品情報

PRODUCTS

ホーム 取扱原料・製品

製品情報

生分解性プラスチック
特性
生分解とは、微生物の作用によってもとの化合物がほかの物質に分解します。生分解性プラスチックは、一般的に使用するときには従来のプラスチックと同様の機能を維持しつつ、使用後は自然界の微生物などの働きによって生分解され、最終的には水と二酸化炭素に完全に分解されるプラスチックになります。微生物産生系のPHAやバクテリアセルロース、 天然物由来のセルロース誘導体やデンプン(トウモロコシやジャガイモ由来)やキトサンなどがあります。化学合成由来のポリ乳酸(PLA)やコハク酸またはアジピン酸と、1,4-ブタンジオール由来のPBS/PBSA/PBAT。 ε-カプロラクトン由来のPCLや ポリ酢酸ビニル由来のPVA、その他にポリグリコール酸(PGA)や変性ポリエチレンテレフタレートなどがあります。
用途
マルチフィルム/釣り糸/漁網/断熱材/食品トレイ/紙おむつ/文具/医薬品/化学品の被覆材/各種ゴミ袋/買い物袋等
会社案内ダウンロード