製品情報

PRODUCTS

ホーム 取扱原料・製品

製品情報

不飽和ポリエステル樹脂
特性
主原料の酸(飽和ニ塩基酸/不飽和ニ塩基酸)とグリコールとの重縮合により生成された不飽和ポリエステルを、主にスチレンやメチルメタクリレートに溶かしたものを加熱硬化させた樹脂です。
ガラス繊維などの無機補強材を充填した成形品として使われており、ガラス繊維で補強した不飽和ポリエステル樹脂は、FRP(繊維強化プラスチック)に代表されるプラスチック製品の原料として、幅広く使用されています。BMCとSMCがあります。
BMC・・・低収縮剤としての熱可塑性ポリマー、硬化剤、充填材、離型剤を均一に混ぜた材料に、補強材として繊維(中でも主はガラス繊維)を使用した熱硬化性成形材料です。機械的強度、電気的性能、耐熱性、耐水性がよく、特に寸法精度に優れます。
SMC・・・樹脂材料の中に、低収縮剤、充填材、添加剤などを加えた混合物を強化材に含浸させた、厚さ1~5ミリのシート状もしくは板状に加工した熱硬化性成形材料です。生産性、強度、耐熱性、表面性に優れます。
用途
建設資材、住宅機材、自動車の外板外装材、ユニットバス、食品トレイ
会社案内ダウンロード